Lost Garden

Pionner rekordboxを使用したDJに際して注意すること

この記事はkaguradukiの失敗体験や、これまで見てきたトラブルに基づき、Pionner rekordboxのPRO DJ LINK機能を使用したDJと、そのDJ交代がトラブルなくスムーズに行われることを望んで書いている記事です。
これまで参加してきたパーティーやイベント中に起きたrekordboxまわりの出来事をPionnerサポート様に送り、アドバイス(ご回答)をもらったので、自分への戒めも含め、それをシェアしたいと思います。
内容が準備と交代時の注意点に焦点を置いてますので、諸々至らぬ点があるかもしれませんがご容赦を。
私はCDでもやりますが、便利なのでここの所rekordbox(USB含む)を使ってDJをしています。
「これだからPCDJは・・・」とか「やっぱCDとバイナルでしょ」とか、「ちゃんと説明書読め!」とかよくわかりますが何卒何卒・・・。

1.rekordboxとは

Pionnerの提供する楽曲管理ソフトです。通称レコボ。
ネットワークを構築したCDJ-2000やCDJ-900と組み合わせると、PCから楽曲をネットワーク経由でCDJにロードすることができ、その機能はPRO DJ LINKと呼ばれています。
この記事はそのPRO DJ LINKを使った場合について書いています。
詳細はこちらの公式サイトをご覧ください。
※この記事を読んでいる時点でそんな説明は不要かもしれません。

2.準備で注意すること

ブース内のLANネットワークにつなぐ前に、下記の数点を確認しましょう。

・PCの無線LAN機能がオフになっているか

複数のネットワークが同時に有効になっていると、正常にPRO DJ LINKが動作しない場合がある模様です。

・新鮮なLANケーブルを使っているか

何度か同じケーブルを使っていると移動の際に断線してしまうことがあります。

3.現場で注意すること

例えば、ブースの機材構成が下記でrekordboxを使用するDJが2人以上いた場合、機材的な交代が発生します。
CDJ-2000 x2
DJM-900 nexus
Macbook x2
有線LANのハブ(5port)
※ポート数が多いハブを使って、機材的な取り外しをしないで、ずっと置いておけるのが一番いいのですが、ブース内は狭いのでPCをずっと並べておくことは難しいでしょう。

交代時の注意点

・自身のrekordboxからロードした曲が演奏中の場合は絶対にLANケーブルを抜かない

これをやってしまうと演奏中の楽曲が止まります。冷や汗が出ますので絶対に止めましょう。
特にお酒が入って酔っぱらっている状態だと、あたふたしてやりがちです。私も何度かそんな現場を見ました。

・必ずrekordboxのリンクを終了してからLANケーブルを抜く

まず、rekordboxでリンクをするときには必ずこのボタンを押します。
リンク前.jpg
そうするとこのように表示が変わります。この状態で楽曲をCDJにロードします。
リンク後.jpg
そして、自分のDJが完全に終わったら(次の人に完全に交代したら)、rekordbox内の左下のLINKボタンを再度押してリンクを終了させます(ここが一番重要!)
リンク解除.jpg
リンクが終了(解除)した状態になったら、LANケーブルを抜いて機材的に交代(撤収)します。
絶対にリンクを終了させないうちにLANケーブルを外してはいけません。場合によってはプレイヤーが誤作動を起こし演奏が止まってしまう場合があります。
リンクの終了のさせ方はマニュアルにも記載してありますが、正常に終わらせなかった場合に不具合が起こる可能性があることについては記載が無いように見えます。
※rekordboxを使用する人は、必ず一度公式マニュアルに全て目を通しましょう。

トラブルに備えて

・交代する前はCDで1曲かけてから交代するようにする

交代の時間を稼ぎます。というか、PCDJの人は緊急事態用のCDを1枚必ず脇に準備しておきましょう。
(特にrekordbox DJ から rekordbox DJへの交代の場合は気を付けたほうがいいかもしれません。)

トラブル発生!

もうどうしようもなくなった時は

CDJは意味不明なエラーコードを表示している、何度ロードしてもうまくいかない等、どうしようもなくなったときは下記を行いましょう。
1. CDJの電源再投入
2. PCのOS再起動(これが必要な場合が多いです)

4.おわりに

「DJ時には絶対円盤派!」という友達がいます。私もそれが一番間違いのない選択であると思っています。
しかしながら時代がファイルミュージック、PCDJの時代であるのであれば、それらをうまく使っていくのもまた一つの道です。
そもそも母体数が少ないので、こういった話題も現場のDJ間や箱のスタッフ、楽器店の店員さんの話からしか得られない気がします。
私の失敗から発生したこの記事がどこかで活かされればイイなと思います。
(なんかこの記事だけ見ると私めっちゃダメな子みたいに見えますね・・・。そんなことないですよ!)
近年のDJまわりの機材の低価格化や手に入れ易さ、その他文化・シーン的なハードルの下降(風営法の問題も多々ありますが)、声をかけてくださるオーガナイザー様のおかげで、私のような者でもDJをさせてもらえる時代になりました。
ちなみに、私のDJスタイルは自身のLost Gardenトラックを中心にサブカルトラックをかける感じです。アニソンDJ(原曲、ブート含む)もやります。
トラックメイクの際には一般的なHouse、Electro、Tranceとの親和性を意識して作っているので、所謂EDM的なものも普通に混ぜてかけます。
もしよろしければDJオファー、制作オファーお待ちしております。

5.おまけ

注意喚起用のPOP作りました!A4横サイズです。
オーガナイザー様はカラー印刷してブースに貼っておくといいかもしれません。
ダウンロード
この記事に対するご意見・ご質問はTwitterメールなどでお願いします。
(2013/05/27)

Latest Discography

KALEIDOSCOPE DIVER

NOX-FLORAPARADE

FLORAPARADE

Memories Cloakroom